"子どもを怒るときに、日本人は「なんでそうしたの?」と言うことが多い。これ、言葉の表現は疑問形になっているけど、実態は「なんてことしてくれやがったんだこの野郎!」なんだよね。なので、子どもが「なぜ」を言うと「言い訳するんじゃない!」と怒られる。"

Twitter / Pnagashi (via rpm99)

"

企画書を作らなきゃいけない漠然とした案件があったら

  1. 予算500万円〜で考えています 具体的な提案がほしいです。って言うプロジェクトを立てる。
  2. 具体的な提案がたくさん来る
  3. 全部目を通す。
  4. なんか違う。っていって全部断る。キャンセル。
  5. それをそのまま他のお客さんに提案

これがいとも簡単に出来ちゃう仕組みってことでしょ。こんなん、企画・提案無料作成装置じゃん。これは美味しいですよ。自分が請けたあいまいな案件の企画・提案の種が0円で集まるなんて。最強のアウトソーシングだわ。

"

ランサーズ、キャンセル多すぎ、単価安すぎだし、丸投げだしキツすぎ | kosuke.cc (via igi)

"

7 :名無しさん@HOME:2012/08/21(火) 12:59:27.75 0
「学習された無力感」というのがある
犬を縛り付けておいて、電気ショックを与え続ける。
最初のうち、犬は必死で もがくが縛られている為に電気ショックから逃れる事が出来ない。
これを数週間続けるうちに犬は「自分は無能で何をやってもムダだ」という感覚が植え付けられ、そのうち 電気ショックを受けてももがかなくなり、ひたすら衝撃をガマンするだけになった』
これを心理学では「学習された無力感」と言う。

8 :名無しさん@HOME:2012/08/21(火) 12:59:49.47 0
『極度の無気力状態に陥った事が確認された後、セリグマンは犬の縄をほどいて
逃げられるようにしてやったがそれでも犬は黙って電気ショックを与えられるがままで
逃げだそうとはしなかった。努力をムダだと信じ込んでしまった為「逃げる」という選択肢を失ってしまった。
そしてセリグマンは犬を抱き上げたり押したりして 電気ショックを受けない所まで動かしてやり「逃げれば助かる」
という事を再度 学習させた後、再び元の場所に戻し電気ショックを与えた。

9 :名無しさん@HOME:2012/08/21(火) 13:00:10.25 0
犬は逃げれば痛くないと 判ったはずなのにやはり動こうとはしなかった。
一度無気力状態になった犬はさっき痛くなかったのは誰かが助けてくれたせいで、自分では何も出来ないと信じていたのだ』

これは人でも同じ。「あれをしてはダメこれをしてもダメ!」
「恋愛なんかダメ!イヤラシイ!」と言われ続けた人間は消極的な性格になる。
そういう育て方をしたにも関らず、気力やスキルを奪われた我が子の無気力な生活を見て
「あんた○○も出来ないの?!」「友達居ないの?」 「○○さんは今度結婚するんだってよ!」
と、臆面もなくこの手の発言を繰り出す親は実に無責任な存在である

"

毒親テンプレが泣けるほど充実 - Hagex-day.info (via mcsgsym)

"うちの上司が「出勤表を見たがどいつもこいつも早く帰りやがって!もっと残業して働く気を見せろ!」と言ったので、部下全員が『正直に』書いた所、翌月に税理士がすっ飛んで来て上司を連行。その翌日に上司が「残業するのは実力が足りない証拠」と語り始めるというマンガのような事案が発生。"

Twitter / yoshitomo_kudou (via xtcrom)

"コミュニケーションは機能不全の印なんだ。緊密で有機的につながる仕事ができていないから、関係者のコミュニケーションが必要になる。部署間のコミュニケーションを増やす方法ではなく、減らす方法を探すべきだ"

ジェフ・ベゾス 果てなき野望-アマゾンを創った無敵の奇才経営者 / ブラッド・ストーン (via ebook-q)